廃車にかかる費用を払わずに済む裏ワザを伝授します!

知ってる人だけ得してる!廃車の費用を払わずに済む裏ワザを大公開中!
MENU

廃車するにのこれくらいの費用が発生する!

自動車リサイクル料

 

廃車にする車にもよりますが、軽なら8000円、大型車なら20000円となっています。

 

 

解体費用

 

一般的な解体業者の依頼するとだいたい1万円前後みたいです。

 

抹消登録費用

 

検査登録印紙代の350円だけですが、

 

陸運局に自分で行って記入などしないとダメなので面倒この上なし!

 

 

乗ってる車にもよるわけですが、
20000万円〜30000万円程度が廃車には必要になるわけです!

 

普通車の廃車手続き

普通車の廃車の手続きは以下のようになっています。
普通車の廃車手続きは、運輸支局や自動車検査登録事務所といった、国土交通省の地方分局で行うことが可能となっています。
その受付時間は祝祭日を除く月曜日から金曜日までの、朝9:00から午後4:00が一般的となっています。廃車を行う手順は以下の通りです。
まずは、総合受付窓口で必要書類のチェックと記入内容のチェックを行ってもらうと便利なのです。必要な手数料を払っていない場合は払っておくことも重要です。
必要な書類に不備がないことを確認してもらったならば、ナンバープレートを返納窓口に返却します。その後必要書類を申請受付窓口に提出します。
しばらく待っていると、廃車の確認通知が交付されます。この際に自動車保険や自賠責保険の保険料の返金に 「廃車の証明書」が必要な場合は証明書をもらっておくことを忘れないようにすることも重要なのです。このように普通車の廃車の手続きはかなり多くの煩雑な手続きがあるものなのです。しかも提出書類の作成を業者に依頼してしまうと、それに対しての費用が必要になってくるのです。ですからなるべく車は廃車にせずに売却した方が得だといえるのです。廃車を決断する前にまずはネットで簡単に行うことが出来る車の買い取り価格の査定を行ってみることはとてもおすすめだといえるのです。査定結果が残念ながら0円の時にのみ普通車を廃車にするほうが絶対に損することが無いといえるのです。

廃車と自動車税

車の廃車にする場合にはそのタイミングによって自動車税を還付してもらうことができるようになっています。
自動車税は毎年4月1日の段階で自動車を所有している人に課せられる税金であるのです。
自動車税の支払いは5月に行われます。
1年分をまとめて払うようになっているので、自動車を廃車にするタイミングによって自動車税の還付を受けることができるようになっているのです。

 

廃車した車の自動車税は、廃車にした翌月から3月までの月数で月割した金額が戻ってきます。
たとえば、7月に車を廃車にしたときには8月から3月までの8カ月間の自動車税が還付されるのです。
しかしながら、3月に車を廃車にすると、自動車税の還付は受けられないことになってしまいます。
4月に車の廃車を行う場合にはいったん1年分の自動車税を納めて、その後廃車を行うと、差額分の自動車税の還付を受けられる仕組みになっています。
ですから、廃車はできるだけ3月までに行った方が、経済的な負担を減らすことになるのです。
廃車による自動車税の還付は自動的に行われます。手続きは不要です。
還付通知書が送付されてくるので、それを金融機関に持っていけば、還付を受けることができます。

 

しかしながら、他の地方税に未納分がある場合には、その部分の補てんが行われてその差額が還付されることになるのです。
また軽自動車の場合は、廃車にしても自動車税は還付されませんのでその点は注意が必要です。
未納分の額が非常に多い場合は、不足分の請求が別途行われるようになって来ます。

 

 

 

乗らないのに廃車しないでいると

車を購入するとウキウキが止まりません。納車の夜は車の中で寝てみようかなと考えてしまうこともありました。待ちに待った車は、自分の新しい手足となり、常に生活の一部となります
。そんな車も乗らなくなってしまう時がやってきます。車の状態が悪くなったりあきがきてしまったりと、遂に手放す事を考えてしまいます。手放したくはないと、その車に乗らないけど
残しておきたい方も中にはいらっしゃるでしょう。そこが今回の問題点となるのです。乗らないのに残していることは構わないのですが、残しておいたらリスクがあります。乗らない車を
所有しておくと、自動車税が発生するからです。もったいない費用が掛かってしまう事を知らないまま放置しておくと、いきなり税金の請求が発生した時にビックリしてしまうことになり
ます。廃車をしないと税金の請求は必ず来ます。こうならないためにも、一度抹消登録をされることをおすすめします。抹消登録にもいくつか種類がありますから、自分の考えに合った方
法をとることをお勧めします。一時的に乗らない方は、一時抹消登録をすることができます。これは永久に乗らないと宣言しているわけではありませんから、再度乗ることができるように
なります。この間は税金が発生しないようになりますから、安心してお気に入りの車を近くに置いておくことが可能となります。これとは違い、永久抹消登録もあります。これは永久に乗
らないと一度宣言しますが、お手元に置いておくことは可能になります。廃車の抹消登録とは違いますから、廃車をする必要はありません。最後に抹消登録となります。これは、廃車する
際に行うこととなります。車を手放すことになりますから、もう二度と愛車に会えることはなくなってしまいます。このように抹消登録にも種類がありますから、放っておくよりもメリッ
トが発生します。知らないと損をしてしまい、間違うと手放すことにもなってしまいます。

車検切れor自賠責保険未加入でも廃車できるの?

今回の件は、車検切れもしくは自賠責保険未加入でも廃車にできるのかという案件ですが、結論から言うとできます。できるようにする方法をとるのです。そうすれば廃車は可能となりま
す。注意しなくてはならないことは、このような状態の車で走行してしまうことです。車検切れや、自賠責未加入車では、走行することは違反です。当然点数の減点にもなりますし、ひど
くなると免停や懲役、罰金などに処されることもあります。違反をしてしまうと後戻りできなくなってしまいます。ですから、このような車の廃車には、いくつかの方法が必要になってき
ます。まず一つは、乗らずに廃車することです。レッカーを依頼し、車を運んでいただくことです。多少の料金はかかってしまうことになりますが、罰金にあうくらいならこちらの方が安
く済むことになるでしょう。しかも、減点されることもありませんから、免許に傷がつくこともありません。もう一つは、仮ナンバーの発行です。どうしても移動させ解体業者まで運ばな
いといけない場合は、仮ナンバーの発行が必要になります。引き取りを依頼するよりも料金的に安く済みます。どちらにしても、罰金よりも安く済むので、強行突破にでることは避けまし
ょう。この方法をとれば、間違いなく廃車までできることになります。車検切れの車にのることは、道路交通法違反となり6点の減点となります。しかも、30日の免停や6か月以下の懲
役、または30万円以下の罰金など厳しい処罰が待っています。自賠責保険の未加入でも同じで、6点の減点30日の免停や1年以下の懲役または50万円の罰金など厳しく取締ります。
非常に厳しい罰が与えられることとなってしまいますから、違反してまで廃車手続きに移ることはしてはいけません。犯罪者となってしまうと、一生に傷がついてしまいます。お金ではあ
りません。決められたルールを守り廃車手続きをするように心がけましょう。

一時抹消登録の目的と特徴

廃車には手続きが必要です。その中の一つとして、一時抹消登録があります。この目的と特徴について説明していきます。目的と特徴としては、車を使わないならそのままにしておくと非
常にまずい事になってしまうからです。ムダな自動車税の請求がきてしまいます。これを阻止するために一時抹消登録を行います。ムダなお金が出ることは誰でも避けたいことではないで
しょうか。しかも、乗らない車の税金ですから非常にもったいないと思ってしまいます。近くに置いておきたい気持ちは十分に分かるのですが、ちゃんとした方法をとると無駄なく置いて
おくことができます。緊急事態の時にも一時抹消登録は使える様です。例えば長期の出張や長期の入院など、長期に渡り車を使わないことがある時があります。この期間も何もしなければ、
当然税金も発生します。そのようなことを避けるためにも、一時抹消登録をしておくことが必要になります。これらをすることで、ムダなお金の節約にもなりますし、何より安心して保管
しておくことができます。しかし、家族などが間違って乗ることや、少しならと乗ってしまうことは絶対にいけませんから気を付けることは必要になってきます。ルールはルールとして守
ることは必要ですから、少しならと軽い気持ちで使ってはいけません。重罪な罪となってしまっては、一時抹消登録をしている意味がありません。知らないよりも知っておくと上手に法律
を使うことができますから、状況に応じた使い方をできるように勉強しておきましょう。この登録方法ですが、自分でするのも良いですが、代行してお願いすると簡単にできてしまいます。
現代では、車はあって当たり前の物となっていますから、生活の中になくてはならない物です。その車を上手に使うことはできるはずです。上手に使えるようにルールが作られており、法
律があります。間違った方法ではなく、あくまでもルールにのっとった使い方をしましょう。

このページの先頭へ